ニキビ 化粧水

20代の大人ニキビ用化粧水ランキング

ニキビを悪化させないためには

私は思春期の時に、顔にたくさんのニキビ後ができて非常に大変な思いをしました。ニキビのピークは高校2年の時で、その時は自分ではどうすることもできずに、病院に通って治しました。

 

ニキビを治す方法と言えば『清潔第一』だと思うのですが、私の場合、一生懸命に洗顔しすぎてそれが刺激と乾燥につながり、悪化していったと思われます。つまり清潔も大切ですが、思春期でもう一つ大切なのは『潤す』と言う事だと今は思っています。

 

30代の現在はニキビは出来にくくなりましたが、たまにできると非常に厄介な事態を引き起こすと感じています。それは治ったところがシミになる事です。そのため一番良い方法はニキビを作らない事なので、食事をバランスよく摂ったり、なるべく睡眠不足にならないよう気を付けています。

 

もしニキビが出来てしまったら、刺激を与えずビタミンBやCのサプリメントを摂り、基礎化粧品もたっぷり使って肌の乾燥を防ぐようにしています。そして治った後は美白クリームでケアしています。シミになるのは年齢のせいなのだろうと思いますし、ちょっとケアに手間がかかるのですが、今後もニキビには注意していきたいと思います。

 

 

乾燥肌でニキビは最悪

私は顔にニキビが出来やすいです。ほほの出っ張った部分とおでことあごです。なるべくつぶさないように心がけています。私はニキビが出来やすいので脂性かなと思いきや、皮膚科で乾燥肌ですねとも言われました。訳が分かりません。なもんで、肌が痒いところへニキビが出来るので掻きむしりたいのに掻きむしったらニキビがつぶれて大変なことになるのでなるべく肌に触らないようにしなければならないというめんどくさい状態絵で。

 

医者に勧められたのは肌への刺激が少ない敏感肌専用の化粧水を使用してなるべく肌の表面を干渉しないように努めることと、赤ちゃん石鹸など刺激物のあまり入っていない優しい石鹸で洗顔を朝と晩にすればこれ以上酷くはならないでしょうと言って頂いたのでそれを馬鹿正直に継続しています。常に肌を潤わせて清潔に保っているおかげなのかわかりませんが、かゆみは結構抑えられています。ニキビそのものの減少は食べ物を気にすることで改善させようとしています。

 

なるべく暴飲暴食はせずに、脂っこいものは食べないで過ごすことを心がけています。ニキビができた後の赤みにも気をつけましょう。

 

 

野菜不足に青汁がおすすめです。妊娠中の便秘には意外と青汁がいいんですよ。


このページの先頭へ戻る